野菜の中でも特に価格が高騰するのが葉物類のレタスになります。レタスについては専用の容器を使います。レタス専用の保存容器を使うことで、最後の1枚までパリッとした状態になりますよ。(笑顔)このようにしておきます。芯から水を流します。そしてレタスを洗います。(笑顔)レタスの専用容器では、この芯の部分の穴にレタスを入れます。このような形で保存できるコースターがついています。それで、芯がないため使いたい時にそのまま1枚ずつはがして使えます。※ねぎ、セロリ、にら、三つ葉などは、ほそ型の容器を使うと良いですね。ねぎなどを買ってきて、そのまま野菜室へ入れます。そうすることで折ってしまうことがなくなりますよね。容器に入れておく事で野菜も乾燥しません。ですから、長持ちさせることが出来ます。(笑顔)余った野菜も直ぐに冷凍保存します。足の早いきのこなども冷凍保存しておきましょうね。(笑顔)例えばゴボウ、にんじん、ネギなどが余った場合、それぞれ一口サイズにカットします。このようにして容器に入れます。冷凍保存しておきましょう。そして、後日、解凍して味噌汁の具材として使うことが出来ますよね。(笑顔)。かぼちゃ、玉ねぎなどについては、後日シチュー、スープなどの具材として使うことが出来ますよね。(笑顔)。フリージング用の専用容器を使うと更に野菜の鮮度を保って保管することが出来ます。更に容器同士を積み重ねます。そうすることで保存できますよね。

関連ページ